お金を貯める事を継続するたった3つの方法

画像

まずは、総務省統計局が四半期ごとに発表している家計調査(貯蓄・負債編)の最新の数字を見てみましょう。

年齢層貯蓄額
~ 29歳273万円
30 ~ 39568万円
40 ~ 491067万円
50 ~ 591668万円
60 ~ 692296万円
70歳~2297万円
平均1658万円


統計上はみなさん貯めこんでいますね~。といっても数字は、あくまで平均値です。
たとえば4億円ためている人が1人、100万円貯めている人が9人だと平均値は1090万円になるという風になるので、ちょっと傾向がつかみづらいですね。
そこで30代と40代の貯金している額毎に分布をしらべてみました。

貯蓄額30代40代
100万未満21.8%13.7%
100万~500万41.2%27.1%
500万~1000万20.3%23.9%
1000万~2000万12.0%19.6%
2000万~4000万3.9%11.6%
4000万~0.8%4.1%


1000万円以上ためている30代は調査人数の16%いますし、40代は35%もいます。みなさんお金は貯めているんですね。
どうやったら貯めることができるのか?という疑問を持たれるかたもいるでしょうから、ググってみるとこんな文章をよく見ますね。

「お金を貯めるにはまず家計簿をつけて、毎月の支出を分析します。
家計簿は、レシートで管理するのが基本・・・・・・・」


お金を貯めることが苦手の方はこの文章が目に入っただけで、1秒で、
元に戻るを押しますね。


でも、お金を継続的に貯めるのは簡単なことです。
以下の3つのことをやってみましょう。


1 給与口座から給料日に貯金する額を強制的に差っ引く

 貯金する額は任意です。本当は家計簿つけて回せそうな資金を預金額にするのがベストですが、「えいやで1万円!」「勢いで3万円」と決めても問題ありません。どうしても苦しくなったら、翌月以降修正は可能ですから。



2 差っ引きを自動化するため金融機関などに申し込む。

 金融機関にいって貯蓄型定期預金なり積立型株式投資なり積立型投資信託を申し込みましょう。会社の財形でもOKです。
 ちと面倒ですが、ネットバンキングやネット証券を使えば簡単にできます。持っていなければ、すぐに開設してみましょう。
   


3 この方法をすぐにする。

 実は、一番重要な事です。宿題をやろうやろうと思ってやらずに、8/31になってしまった経験は誰でもお持ちでしょう。やろうと思うことではなく、実際にやってみることです。修正などいつでもできるのですから。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

人気ブログランキングへ




目標貯蓄家計ぼ 100万円ぼ
永岡書店

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 目標貯蓄家計ぼ 100万円ぼ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック